宵待航海

最新トラックバック
最新コメント
最新記事
プロフィール

konatsumaru

Author:konatsumaru
日々のあれこれや好きなことなど、基本温厚に、時々グレつつ。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「女々しい男」考
2010-08-12(Thu) 01:46
先日のハンバートハンバートインパクト以来、この人たちの曲が脳内絶賛ヘビロテ中です。特にこの曲。

「ひなぎく」 ハンバートハンバート


いい歌だな~。いい声だな~(しみじみ)
でもこの曲の「僕」、女々しいなあ…。
でもこの女々しさは好感の持てる女々しさですよ。「僕」はちゃんと反省して謝ってるし^^
ちょっとトホホな可愛げのある女々しさ。
私が出て行った彼女の関係者なら、「こんだけ謝ってるし、今回だけは許してやれば?」と彼女に働きかけるのもやぶさかではない感じ。(←何をエラそうに)

私が女々しい男の歌といったら真っ先に思い出すのがこの歌です。
太田裕美さんの「しあわせ未満」。

リアルタイムのときは知らなかったんですが、20歳ごろに聞いて「何だこの男、最悪…」と思ったモンです。

“二十歳前僕に会わなきゃ君だって違った人生”と自嘲気味に曲は始まります。
若い二人は同棲を始めますが生活は厳しく彼女は部屋代のノックに怯えている様子。
なのにこの男は自分の甲斐性の無さを棚に上げ、
“裸足の君に声かけて名前聞かなきゃよかった”だの、“アパートも見つからなきゃよかったよ”だの、“家柄のいいもっと利口な男を探せよ”だの、挙句の果てに“面食いなのにもてない僕をなぜ選んだの”ですよ。
お前何逆ギレしてんだ、いい加減にしろーっ!きーっっ!と私が憤ったとしても、誰が私を責められるでしょう。

「しあわせ未満」 太田裕美



“ああ二人春を探すんだね”
そんなモン探さんでいいから一刻も早くこの男と別れろ、私が彼女の関係者ならきっとそう言う。(←余計なお世話)

そんなイライラする男が主人公なのにこの歌、いい歌なんですよね…。
さすが松本隆、筒美京平の仕事だ。太田裕美さんもキレイな声です。

動画、ヒットスタジオ出演時のとかあったんですが、フルコーラス歌ってないのです。そこで、こちらを使わせていただきました。やはりいい歌なんですよね~。

スポンサーサイト

<< お盆です | Top | あなたが迷わぬように あなたが凍えぬように >>

コメント
POPS系の曲は<未練>が幅をきかしていると思う。
素敵なメロディーと説得力のある声にダマされて
「いい曲♪」と思って歌詞をよく聞くと
「何言ってんだコイツ」ということはよくありますね~(笑)
それでもその「何言ってんだ」のメーターが振り切っちゃっているのは
それはそれで楽しゅうございます^^
例えば西城秀樹さんの『ジャガー』なんて眉をひそめるレベルじゃナイ(爆)

『しあわせ未満』・・・はにかみ屋さん♪じゃないだろぉwwww(`曲´)凸
運のせいにするんじゃナイ!誠実に働け!と言いたい。
URL | *若葉* #-
2010-08-12 21:00(Thu) [編集]

*若葉*様へ

西城秀樹さんの『ジャガー』!“さあこい、抱いてやる、抱いてやる~”ですよね!(爆)
あの頃のヒデキの振り切りっぷりは凄いですよね~♪
落ち込んだときにヒデキメドレー(映像つき)とか見ると確実に立ち直れる気がします(笑)
今度You Tubeで探してみよう♪

『しあわせ未満』、男が腹立たしいことこの上ないんですが、でもこの時代の歌って
なんだかんだいって名曲が多いと思います。
とにかく熱くて濃ゆい。突っ込みどころも満載(笑)
今のJ-POPはみんなおしゃれにまとまってて、何かつまんないんですよ。
歌謡曲は心に残ればダサくてもいい、おしゃれさなんて必要ないと思うのは、
私が歳取ったからなんですかねえ。(←多分そう)

URL | konatsumaru #-
2010-08-13 22:49(Fri) [編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://konatsu117.blog51.fc2.com/tb.php/89-a1d06fa1
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。