宵待航海

最新トラックバック
最新コメント
最新記事
プロフィール

konatsumaru

Author:konatsumaru
日々のあれこれや好きなことなど、基本温厚に、時々グレつつ。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待っている人たちの思い
2010-06-15(Tue) 01:44
お帰りなさい、はやぶさ君!
本日、任務を終えて、小惑星探査機はやぶさが地球に帰ってきました。旅立っていた期間は実に7年!3億km離れた小惑星で石のかけらを採取して戻ってくることが仕事です。
(地球を1円玉の大きさに例えると、目的地の小惑星「イトカワ」は400メートル先にあるという距離感になるらしい。ちなみに月の距離は60センチ先にあることになるらしいです)

行きっぱなしでは無く「地球に帰ってくる」ことが重要。はやぶさ君は立派にやり遂げて帰ってきました!その旅は波乱万丈、トラブルの連続だったそうです。途中で行方不明になったり、エンジントラブルや故障…。まさに満身創痍でもう駄目だ!というようなことも…。でも、ひとつひとつ問題を解決しながら、諦めずに、困難を克服してやり遂げたのです。

じつははやぶさ君の事は今日知ったにわか中のにわかなんですが、JAXAのサイトを見て感動しております。(安い表現でスイマセン…)
私のような無知なド素人にもはやぶさ君のことがわかるようにと書かれた「はやぶさ君の冒険日誌」を読んでると、健気で頑張り屋さんな姿に心打たれ、応援したくなります。(手書きのイラストによるはやぶさ君はかわいらしく、愛情を感じます)はやぶさ君と君付けで呼びたくなる。
そして「関係者からのメッセージ」を読むと、はやぶさ君は無機質な機械では無く、血肉の通った存在のようにさえ思えてきます。いや、もう、チームの方達には大切な仲間、もしくは我が子のような存在なのでしょうね…。熱い思いが伝わってきます。

はやぶさ君は(そのチームは)前人未到のことをやり遂げて、宇宙開発に大きな一歩を印したわけですが、それがすぐに「生活の役に立つ」わけじゃない。すぐに結果が出ないことは「で、それが結局何の役に立つの?」と切り捨てられがちな余裕の無い世の中です。(実際例の「事業仕分け」で仕分けられて予算を削られたらしい)

でもね、研究開発の分野は、やっぱり大事ですよ。日本は、それを支える素晴らしい技術力があるんだから、目先の利益にとらわれて予算削ってると大きなものを失うような気がする…って、余計なお世話ですが。

はやぶさ君は軽トラックに乗っちゃうくらいの小さな体で大きな任務を果たして帰ってきました。労をねぎらってあげたいけど、その体は大気圏再突入で花火のように燃え尽きてしまいました…。でも、持ち帰ってくれたカプセルは回収され、任務中に残した様々なデータはこれから重要な研究に役立てられるでしょう。

私は心の黒い根性曲がりを自認していますが、困難なことに無謀ともいえる挑戦をして、それを団結と創意工夫と超人的な努力で克服していく人たちには素直に、心からの賛辞を送りたいです!本当にお疲れ様でした!




スポンサーサイト

<< ゆるゆる、なごむ。 | Top | 今日も穏やかな一日でありますように >>

コメント
お説のとおりです。

 一般法則論のブログを読んでください。
   一般法則論者
URL | 一般法則論者 #U03F4KBY
2010-06-15 07:34(Tue) [編集]

ご訪問とコメント、どうもありがとうございます。
URL | konatsumaru #-
2010-06-15 18:18(Tue) [編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://konatsu117.blog51.fc2.com/tb.php/45-5a552251
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。