宵待航海

最新トラックバック
最新コメント
最新記事
プロフィール

konatsumaru

Author:konatsumaru
日々のあれこれや好きなことなど、基本温厚に、時々グレつつ。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も穏やかな一日でありますように
2010-06-13(Sun) 01:15
おいしそうで愛らしいタイトルの本です。


かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


小学一年生のかのこちゃんとアカトラ猫のマドレーヌ夫人の日常と冒険が過不足の無い文章でユーモラスかつ淡々と描かれています。

登場人物(猫・犬)の距離感がなんとも心地よい空気を生み出しているのです。
マドレーヌ夫人とご近所猫達の優雅で洗練された係わり方、かのこちゃんとお父さん、お母さんとのやり取り、夫人と夫である老犬・玄三郎さんの穏やかで思いやり溢れる空気、かのこちゃんと同級生・すずちゃんの初めての「友情」…。
小学校入学を控えても親指吸いがなかなか直らなかったかのこちゃんですが、風変わりで聡明なすずちゃんとの係わりで驚きや発見、喜び、寂しさを伴った「友達」という存在を知り、どんどん世界がひろがっていきます。親指を吸っていた「赤ちゃん」のような子が、あっという間に歯が生え変わり、抜けた歯を屋根に放り投げている。凄いなー、子供って。

そして、マドレーヌ夫人と玄三郎さんの紛れも無い「夫婦愛」。決して押し付けがましくない、お互いがお互いを思いやる気持ち。
最後が近づくにつれ、半泣きで読みました…。

思いやりや健やかさ、この世の善なるものに溢れたとても愛しい一冊です。
スポンサーサイト

<< 待っている人たちの思い | Top | 初メロン >>

コメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
URL | 藍色 #-
2013-05-24 16:51(Fri) [編集]

はじめまして。

お返事が遅くなって、申し訳ありません。

トラックバック、ありがとうございます。
こちらからもトラックバックさせていただきますね。
(初めてなので、できるか心配ですw)

URL | konatsumaru #-
2013-05-30 00:53(Thu) [編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://konatsu117.blog51.fc2.com/tb.php/44-fb62ed88
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

>>「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学 from 粋な提案
その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。書き下ろし長編小説。 かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫
Tracked on 2013-05-24 16:03(Fri)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。