宵待航海

最新トラックバック
最新コメント
最新記事
プロフィール

konatsumaru

Author:konatsumaru
日々のあれこれや好きなことなど、基本温厚に、時々グレつつ。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れ様でした…。
2010-02-27(Sat) 19:02
バンクーバー五輪、女子フィギュア・フリー、凄い戦いでした。選手の皆様、本当にお疲れ様です。
日本代表の三選手全員入賞。素晴らしいです!
浅田真央選手は銀メダル!さすがです。気魄のこもった凄いスケーティングでした。観てるこちらも息を詰めてて、呼吸が苦しくなってくるような…。
キム・ヨナ選手、悔しいけど素晴らしかったです。ド素人の私が見ても、安定感抜群。調和の取れた流れるような滑り。見とれました。憎たらしいけどパーフェクト…。

で、ここから先は私の勝手な感想&妄想なんですが…。
キム・ヨナ(敬称略)にとっての五輪は通過点で、真央ちゃん(すみません、馴れ馴れしい)にとっては到達点だったように感じたのです。
真央ちゃんのフリーの曲はラフマニノフの荘厳な重ーい曲で、テーマは「乗り越える」だったらしい。軽やかで華やかなイメージの真央ちゃんには似合わないと賛否両論な選曲だったようですが、この重い曲を滑りきって自分のものに出来たら、確かに大きな壁を乗り越えて、確実に成長できる。三回転半という難しい技に挑戦するのも一流のアスリートとして当然の姿勢です。技術面も芸術面も、常にリスキーな難しいことに挑戦し続け、克服し、本物になってこそ手に入るものが五輪の金メダル…と純粋に努力を重ねてきたような気がするのです。本物のアスリートの到達点。

もちろんキム・ヨナも、アスリートとしては同じでしょう。でも、彼女は、金メダルを人生を実り多いものにするための通過点のひとつ、と捉えてるんじゃないかなーと、感じたのです。
だから、より合理的、戦略的になる。不得手な三回転半に挑戦するより、自分に出来る技の精度をより高めていく。重厚な曲を滑りきることより、自分のイメージにも合い、観客にもわかりやすい曲を、確実に滑りきる。自分が今出来ることの中での最高点を目指し、完成度を高める。常に100パーセントで滑れるように、とにかく確実性を増す。
今の採点方法だと、こちらの方がより点が稼げるような気がするのです。
リスクより安定性と確実性。もちろんこれも大変だと思うけど。

4年後にリベンジを!と思ってたら、一説によると、キム・ヨナは今回の五輪を最後に一線から退くという噂もあるようです。うーん、どうなるのかなー。
スポンサーサイト

<< 非情…。 | Top | いよいよ佳境です >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://konatsu117.blog51.fc2.com/tb.php/28-14259ab5
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。