宵待航海

最新トラックバック
最新コメント
最新記事
プロフィール

konatsumaru

Author:konatsumaru
日々のあれこれや好きなことなど、基本温厚に、時々グレつつ。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やめどきがわからない
2012-10-02(Tue) 19:28
秋ですね。

毎年毎年困るのが、この時期の服装。
真夏と真冬はほぼなーんにも考えてないですが、春と秋が困る。実に困る。

困ったのでこれらの本を読んでみた。

天然生活 2012年 10月号 [雑誌]天然生活 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/08/20)
不明

商品詳細を見る


“秋から冬には服を重ねるし、
暖かくなれば、一枚一枚、ぬいでゆく。
服を季節で考えるのでなく、
一年間を通して組み合わせを考えたい。
重ね着を年間で考えてみると、
クローゼットは、より「簡潔」になるのです。”


ていうことは衣替えいらず?素晴らしい!どれどれ。

いやー、人のワードローブ見るのって面白いですねー。
皆さんおしゃれさんだなー。(だから雑誌に出てらっしゃるのですが)
へー。ほー。と感心するも自分に当てはめるのは難しい。

んー…。参考にできそうなのは後藤さんくらいかなー。

で、あら素敵、と思ったスタイリスト・轟木節子さんの本が出るということで読んでみる。

毎日のナチュラルおしゃれ着こなし手帖 (e-MOOK)毎日のナチュラルおしゃれ着こなし手帖 (e-MOOK)
(2012/09/14)
轟木 節子

商品詳細を見る


ナチュラル系ファッションの着こなし指南書。

色、バランス、体系、素材、年齢、いろんな条件を考慮した着こなし方。
プレーンな白シャツやら、デニム(←もうジーンズっていっちゃダメなんですか?)ボーダー、チノパンなどの
誰もが持ってる定番アイテムをナチュラルテイストにいかに組み合わせ着こなすか、かなり具体的に書かれてます。
対象年齢は二十代後半~四十代前半くらい?
なので「森ガール」(←すでに死語ですか?)風ではなく、あくまでお「大人のナチュラル」です。
(「大人」であって、けして「おばさん」ではない。ここ大事、試験にでます)

巻末に掲載されてる全てのアイテムのメーカー、お値段、ショップリスト付き。
ナチュラル服っていいお値段するんですよね。で、財布に優しいお値段の店で似たような服を探して着てみれば、
何かビンボーくさい、不自然な妊婦の一丁上がりw

ナチュラルといいながら財布に全く優しくなく、実は着る人も激しく選ぶ。
ナチュラル服、恐ろしい子…。

でも憧れてしまうナチュラルなおしゃれ。
いい加減目を覚ませ、私w

この轟木さんの本はコーディネート集として見てるだけでも楽しいです。
ただ、モデルさんによる着画がないので、実際着た時のサイズ感とか雰囲気がわかり辛い。
そこがちょっと残念。


よなかの散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)よなかの散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)
(2011/03/25)
角田 光代

商品詳細を見る


角田光代さんのどっしり日常系エッセイ集。

“先立って誕生日を迎え、またひとつ加齢した私は、もういいや、という心境になり「これから一生若作りでいく」と友達に宣言した。今年高校生になる子を持つその友達は、「わかるわ、その気持ち」としみじみ言う。「私たち、いったいいつ若作りをやめればいいんだろうね?」
 うんうん、そうなのだ。若作りのやめどき、イコールおばさん服へのシフト期、本当によくわからない。多少の差こそあれ、私と同世代の人の多くはそう思っているのではなかろうか。”


角田さんより少し下の世代ですが、わかります、その気持ち。(おおいにうなずく)

ホントに、いつ、若作りをやめればいいんだろう。
見た目も中身も、もうとっくにおばさんなのにw
ていうか、「年相応」が、もうわかりませんw

こうして何の解決も見ないまま毎年同じことが繰り返されてゆく…。



スポンサーサイト

<< すいません、使えなくて。 | Top | あー、終わった。 >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://konatsu117.blog51.fc2.com/tb.php/150-da878dc7
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

>>まとめ【やめどきがわからない】 from まっとめBLOG速報
秋ですね。毎年毎年困るのが、この時期の服装。真夏と真冬はほぼなーんにも考えてないですが、春と秋が困
Tracked on 2012-11-20 13:58(Tue)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。