FC2ブログ
宵待航海

最新トラックバック
最新コメント
最新記事
プロフィール

konatsumaru

Author:konatsumaru
日々のあれこれや好きなことなど、基本温厚に、時々グレつつ。

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日もなあなあ
2010-10-22(Fri) 18:57
深まる秋に読書三昧の夜長は続く。

『神去なあなあ日常』  三浦しをん
神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05/15)
三浦 しをん

商品詳細を見る



高校卒業と同時になりゆきという運命に導かれて、三重県にある山奥の過疎の村に放り込まれた平野勇気は、その村・神去
(かむさり)村で林業に従事することに。

携帯すら圏外のド田舎で林業という未知の仕事に携わるハメになった勇気は、当初は脱走を考えるものの、持ち前の順応力の高さから次第に仕事にも村にも馴染んでいきます。そして、ついに村の「四十八年に一度の大祭」に参加することに…。

「なあなあ」は神去の言葉で「ゆっくりいこう」「まあ落ち着け」ってニュアンスの言葉です。神去の住人はよくこの言葉を使います。村の生活も、百年単位で考える林業もまさに「なあなあ」が大事。都会ではありえない事態や村人に語り手である
勇気は驚き、ツッコミをいれ、感動します。勇気は非・村人である読者の代弁者でもあるのです。

この本で描かれる神去村の日常、林業という仕事、読んでて凄く面白い。何にも無くて不便だけどとにかく心身ともに健やかでたくましい人たちが住む村。そして、「ああ、自然とともに生きてる人たちには絶対敵わないなあ」という日頃の思いを新たにしました。今流行のロハスや田舎暮らしって、なんとウソ臭く軟弱なことか。(←日頃の思い)

こういうサービス精神に溢れた読んでて楽しい本はやっぱりいいなあ。作者の三浦しをんさんの、楽しんで読んで欲しいという娯楽精神がうかがえます。
読み終わったあと何となく嫌ーな気持ちになる本も、あってもいいと思うし、読んでみたら面白かったりもするんですが、そういう本ってどうも作者の自分好きとか独りよがりが多いような気が…って、ま、今はそんなことは関係ないですねw

とても楽しく面白く、おまけに林業という仕事のあらましも知ることが出来る本です。

“あくせくしたって木は育たないし、よく寝てよく食べて、明日もなあなあでいこう”
スポンサーサイト

<< とりとめない、まとまりない | Top | 美味と謎 >>

コメント
konatsumaruさん お久しぶりです♪

「なあなあ」。。。って良い言葉ですね。。。

アレコレ頭でばかり考えて心配してばかりな私は
「なあなあな日常」を過ごすことができたら。。。
随分 気持ちも楽になれるんだろうなぁ。。。(^^)
URL | みけみけ♪ #YbKH6xwM
2010-10-25 00:54(Mon) [編集]

みけみけ♪様へ

こんばんは!大変ご無沙汰しております…。
そしてそして…。
ごめんなさーい!!
拍手コメント頂いてたの、さっき気づきました~。
気にかけて下さってたのに申し訳ないです…。
当分今のペースの時々更新かもしれないので、
気が向いたときだけよろしければちらりと覗いてみてください。

「なあなあ」っていいですよね^^
私も不安がりで心配性で日々余裕の無い気持ちに陥りやすいので、
「なあなあ」で過ごしていけたらなーと思ってます^^


URL | konatsumaru #-
2010-10-26 18:21(Tue) [編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://konatsu117.blog51.fc2.com/tb.php/109-e6a4760b
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。